自宅で簡単に作れる ポールスタア大学いものたれ子供達に大人気!! 

自宅で簡単大学芋

最近子供達の習い事の送迎などでバタバタしていて(ちょっと言い訳笑笑)夕飯をゆっくりじっくり作る事が少なくなりました。今日は子供達が大好きな大学芋をササっと作りました。

ササッと、とまるで自分で作ったかのように言いましたが笑・・・・

このポールスタアの大学いものたれは混ぜるだけで美味しい大学芋ができるんです。もうずっとリピートしています。

大体目安的には大きいお芋400gから500gで一袋使用します。スーパーなどでバラで売られているのも見かけますが。我が家は沢山食べるので100g✕3袋をリピートしています。

結構有名な商品なのでほとんどの方は使ったことがあると思うんですが、もし使った事がないって方がいたらぜひぜひおすすめしたいです。

たれ
ポールスタア大学いものたれ

油でお芋を揚げて混ぜるだけなんです。

以前は子供が大学芋が大好きなので色々とためして作ってみたのですが家で自分で作ると時間が経つと固まってしまったり砂糖が浮いたり固まらないようにお酢など入れてちょっと味が変わったり・・・

このタレを使ったら安定の美味しさです。この大学いものたれはずっとトロトロしてるのでありがたい♡

ちなみにこの袋の中には黒ごまは入っていませんので、ごまはご自分で用意してください。

作り方はとっても簡単なんですが、もっと早く作るために私はレンジでさつまいもをチンして少しホクホクさせてから油であげています。

 ⇒  ⇒

レンジでチン⇒油で揚げる⇒たれを絡ます

これで出来上がりです。幼稚園の息子はお弁当なのでお弁当にも最適♡

大学芋大好きだけど失敗しちゃう方とか大学芋沢山食べるって方は作ってみてください。湯せんも不要なので本当に混ぜるだけです。

この大学いものたれ実は旦那さんのお義母さんから教えてもらったのですが。お義母さんはお正月の田作りもこのたれを使っています。毎年おせちいただくのですがこの田作り風?それも本当美味しいです。

まだまだ可能性を沢山ひめているたれですね♡(おおげさですが・・・笑)

道場六三郎フードプロセッサー感謝しかない♡

今日の夕飯は唐揚げだったのですがー

この前紹介した道場六三郎さんのフードプロセッサーで、キャベツの千切り(自己流)と唐揚げに大根おろしをささっと添えて、お味噌汁とで簡単ながら夕飯にさせてもらちゃいました。

本当に毎日毎日使用しています。フードプロセッサーを使ったことない方は最初は価格の事を考えて大根おろしなど自分でやるって思うかもしれません。でもかなりの時短になるのですごく良い♡

気になる方読んでみてください★

もーフードプロセッサー無しの生活にはもどれません笑笑

今日は夕飯に作った大学いもについて気まぐれに書かせてもらいました。最後までお付き合いありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です