3人姉妹弟 習い事 やりたいことも性格も全然違う 息子のしまじろう ほっぷ 2018 9月号

shimajirou

3人子育て 姉妹弟 みんなそれぞれ 意思がある

長い子供達との夏休みも終わろうとしています。いつも夏休みは大変だ子供達早く学校に行って欲しいな〰とぼやくくせに笑 夏休みが終わりに近づくと子供達とこんなに長く過ごせたのは幸せなことだなーと寂しくなる。わがままな母です。

我が娘二人はチャレンジ息子はしまじろうを受講しています。姉たちも幼稚園からチャレンジをやっています。夏休み中に大きな決断。3年生の次女だけ退会することにしました。次女は継続してやりたいようなのですが。夏休み中に塾の夏期講習をすすめたところ(本当は姉に勧めたかった)とても塾が気に入ったようでそちらに移ることに。本当はどちらもやらせてあげたかったのですが、三人の習い事の月謝などの関係で本人にどっちにするか決めさせることにしました。そして塾に通いたいとの決断。

3人子育てしていてすごく感じるのですが、やはり特に上の同性 女子2人はとても敏感で比べられることをすごく嫌がりますもちろん嫌がるのはあたりまえ。わかってはいるのですが。次女が小学生にあがった頃からよく感じていたのが習い事のことでした。同じ習い事に通っているとまず得意不得意もあるし全く違う性格の二人。習い事の先生からの評価も違う、きっと子供達なりに色々心の中でモヤっとすることもあるだろうなと。親は同じ時間に送り迎えできるメリットがありますが、はたしてこのままでいいのかと思い。それまでやっていた習い事の区切りがついた時に二人に本当にやりたい習い事を聞いて思い切って別々の事をやらせてみることにしました。やはり二人共やりたかった習い事は全然違っていて。姉は芸術系 次女は音楽系でした。この決断は私の子育においてすごく良かったと今でも思います。二人ともとても楽しそうに習い事に通っています。 そして今回の塾の夏期講習も実は姉が来年中学生になるので夏期講習だけでもと思い二人に声をかけたのですが。姉は「夏期講習は行きたくない」と言い、次女は「やってみたい」と言いました。やはり全く違う意思をもっているんですよね。姉に行ってほしかった夏期講習の体験でしたが、無理にやらせても仕方がないのでそれ以上勧めるのをやめることにしました。そして次女に勧めたかったわけではない塾でしたが強い意思で通う事になりました。

今日姉は子供チャレンジを自宅でやっている時に進研ゼミ中学講座をやりたいので早期申し込みたいと言ってきました。3人子育てしながら三人ともが本当に違う気持ちをもっとぃるんだなーとしみじみと感じました

息子との大切な時間しまじろう

今日は姉たち二人が習い事とお友達と遊びに行っていたので久々に息子と二人の時間がありました。夏休み息子は姉たちがいる嬉しさもあったと思いますが。いつも私とのんびり過ごす時間があるのですがなかなかのバタバタで少しさみしい思いもさせてしまったんじゃないかと感じていました。姉たちがいないとべったり私の膝の上にずっと乗っていたので、先日届いた「しまじろうやろうか?」というとニコニコで「やるー」と言いました。

早速9月号開封カラフル鉛筆、DVD ひらがなパソコンのカード教材三点

まずはひらがなパソコンであそびました。

しまじろう6
ひらがなパソコン新しく届いたカードで遊ぶ息子

そしてどうぶつ図鑑

しまじろう30
動物ずかんで遊ぶ息子

教材

しまじろう70
教材にシールを貼る息子

今回も息子とニコニコ楽しめました。鉛筆の持ち方やお箸の持ち方も教えてくれました。そして駐車場でのマナーなど。

お箸教えなきゃ鉛筆の持ち方教えなきゃとそういう時期なんだと気づかせてもらえます。3人子育てしていると下の息子がぼんやりっと育ててしまいそうになるのでしまじろうの教材にはいつも感謝です。

いつもながら気まぐれに書かせてもらいました。最後までお付き合いありがとうございました。

 

しまじろう ほっぷ 2018 8月号

しまじろうの教材

教材に興味津々

息子に先日しまじろう3.4歳年少さん ほっぷ8月号が届きました。ひらがなパソコンという付録がとどいたのですが。実は姉次女もひらがなパソコンにとてもお世話になりました。ひらがなを身近におぼえられたのはこの付録だったからです。デザイン内容は少しかわりましたが。進化していてまた子供に魅力的なものになっていました。

息子興味津々で家族の名前を一生懸命探してボタンを押していました。押すと音がでるのが素晴らしいです。下のは姉が幼稚園の時に使用していたものです。5年くらい前。今回のは人形がさせるようになっていて息子はとてもたのしそうでした。

しまじろう教材
しまじろうひらがなパソコン古い教材

こどもちゃれんじの影響力

こどもちゃれんじ きっとだれもが一度は耳にしたことがあると思います。現在年少さんの息子も幼稚園にあがる前から受講をはじめました。なんではじめたかというととても良いということを知っていたからです。実は小6になる姉も小3になる姉も幼稚園から続けて受講しています。幼稚園の年少さんの頃娘たちは全家研のポピーを受講していました。月学1000円以下とリーズナブルながらとても内容の濃い教材でした。が・・・幼稚園からもらってくる冊子にこどもちゃれんじの無料DVDよくついてきて付録が魅力的で子供の要望でちゃれんじに切り替えをしました。この2つの教材の違いは付録の内容とちゃれんじにはDVDがつく付録が音の出るものなどでポピーの方は本や紙の付録がついてくる点です。なので音のなる付録などはいらないという方にはポピーもおすすめです。そして次女は幼稚園の時しまじろうと同時にがんばる舎の通信もとっていました。こちらはプリントタイプなのですがとても楽しんでやっていました。低価格なので始めやすいです。内容は良質です。2つもとても満足のいく教材でした。ではなぜ一番下の息子にちゃれんじをはやくから受講させたかというと3人目だからこそでした。

幼稚園に上る前にDVDと一緒にルールやマナーお友達との遊び方トイレトレーニング。あとは姉たちに影響されて年齢よりも対象年齢の高いおもちゃで遊んだりしていたのでぴったりと対象年齢のおもちゃが届くのがとてもありがたいと思いました。

もちろん上の子たちの取ってあるおもちゃとかぶることもありますが。(進化はしています)息子のために届くおもちゃに笑顔が見れるのもとてもうれしかったです。(かぶったおもちゃはメルカリなどでも需要があるので息子のがとどいたら古いほうを販売したりもしています)なかなか3人のこどもがいると一人一人に向き合う時間がかぎられてきますが。息子としまじろうの時間は必ずとるようにしています。そのせいもあるのか幼稚園の先生にハサミがとても上手ですねおうちでやられてるんですか?とほめてもらいました。

なかなか教材がなければハサミで遊ぶっていうことも少なかったと思います。色々なことにおいてバランスのとれた教材なんだと思います。そして姉たちですが勉強ができるできないではなくて知識が豊富です。ちゃれんじから進研ゼミ子供講座まで受講してますが。だれに聞いたの?っと聞いてチャレンジっと言う会話をよくします。知らない間に身になっているって素敵ですねー。

自分でできる?

なかなかずっと一緒にやるのってたいへんですよね。

ひとりでやるのは中々難しいです。付録は一人で遊んだりできるものが多いです。教材のほうは時間を作って一緒に。これはどこかな?とか声かけする感じです。ただ一緒にやっていて成長を感じられて私にはとても大切な時間です。DVDはとても生活に必要な内容が組み込まれているので、とても影響力があります。夕飯の支度のときなどに大活躍します。

 

 合う合わないある?

合うと合わないあると思います。色々な通信教材でお試しなどあるので試してみたら良いと思います。我が家も何箇所か通信教材のお試し頼んでみました。

キャラクターが好き。など理由は様々だと思いますが。どんな理由でも子供が気に入ってくれるのが1番大切だと思います。息子は1歳くらいに1度ちゃれんじをやってみたことがあります。でも息子にはまだ早かったので一度2ヶ月受講して退会しました。ですが幼稚園に上がるまえの歳にもう1度始めたときには以前とは違って興味がでていました。月齢やタイミングでも合う合わないあるんだなと思いました。通信教材やってみたいなーと思ったらやってみないとわからないのでぜひお試しをおすすめします。